勃起不全で一番多いのは中折れなのです。

中折れとは…勃起するけど途中で萎えてしまうことです。「勃起はするんだから」勃起不全じゃないって思っていませんか?実は勃起不全の中で一番多い症状が中折れだったんです。治療薬でセックスを満足させましょう。

*

中折れの他に勃起不全の症状とは?

      2016/04/27

勃起不全の1つの症状としては、挿入後の中折れが挙げられます。

本来なら射精するまで勃起状態が続きますが、しかしながら男性機能が何らかの理由で衰えることで、挿入している状態でも途中で駄目になってしまうのです。そして中折れで続かないという状態以外にもそもそも硬くならない、勃起しない、勃起しづらいといった症状が起こることもあります。勃起不全はこのような状態をひっくるめて指しますが、基本的には男性機能が衰えてしまった時には該当していると考えた方が良いでしょう。

そして十分に勃起をしないことを悩みとして持っている男性は多いと言われていますので、もはや珍しい症状ではないと言えます。

勃起不全での陰茎の状態

勃起不全になるにはいくつかの原因が分かっていますが、状態も1つではありません。

勃起しない

直接刺激を与えても、性的な刺激を与えても全く勃起しない、ほんの少ししか大きくならないという症状があります。

大きさは変わるが硬くならない

陰茎は大きくなる、勃起はするが硬くならない。

硬くはなるが十分な硬さにならない

上記の「勃起はするが硬くならない」よりは多少硬くはなるものの、挿入する時点では十分な硬さまではいかない。

硬くはなるが、以前までのようではない

上記の「硬くはなるが十分な硬さにならない」よりは硬くなり、挿入はできるが、以前のようではなく違いを感じる。

満足に性行為ができないのが勃起不全

勃起不全の最も大事なことは「満足できるセックスができているかどうか」ということです。

「勃起不全」という言葉からすれば、勃起しない・勃起しづらい・硬くならないというところかと思われがちです。しかし、自慰なら勃起もするし射精もする・パートナーがいると射精できないという場合も、十分に勃起不全の1つです。

ここで少し考えていただきたいことは、自慰は好きなようにできるというところです。セックスは相手がいて、相手の状態で変わることがあります。相手が変わればセックスも変わってくるのは普通です。しかし、自慰は自分の手加減1つで、より刺激的にすることも可能です。そういった場合、セックスに満足できなかったり、パートナーと2人でという楽しみもできなくなってしまうことが多くなっているようです。全体からの割合で見るとまだ多い方ではありませんが、実際に「膣内射精障害」という人はいるようです。

勃起不全を改善するには病院やクリニックに行くことや治療薬がありますので、自分に合った方法を選んでみてはどうでしょうか。